おまとめローン 比較

現在の複数あるローンをどうにかしておまとめすることが目標!

現在の複数あるローンをどうにかしておまとめすることが目標!較
おまとめローン > おまとめローン 比較

  現在の複数あるローンをどうにかしておまとめすることが目標!


おまとめローンを比較するときに、まず審査に通りやすいかどうかという最終的な結果にいきなり目を向けましょう。

現在の複数あるローンをどうにかしておまとめすることで、返済する金利を低くして、その返済にかかるストレスと労力を軽減するという目標に近づきやすいおまとめローンを選ぶことが重要なポイントとなります。

↓ おまとめローンの選び方をまとめました。

(1)銀行と消費者金融のどちらか?
(2)金利と限度額のどちらを重視するか?
(3)職業や収入で申込みできるかどうか?
(4)審査基準はどうなのか?
(5)申込みの注意点となるのは?


上記などの5つの比較ポイントがあります。

▼ 複数のローンを一本化することで月々の返済額、金利の負担を軽減しよう!
おまとめOK!厳選大口ローン総合案内はこちら
おまとめローン 一本化で審査のお悩みも解決!厳選優良ローン会社、まとめ!>>


おまとめローン 比較

  (1)銀行と消費者金融のどちらか?


銀行おまとめローンと消費者金融おまとめローンのどちらが良いか?というポイントで比較して選ぶには、どのようにしたらよいでしょうか?

過去にさかのぼると、グレーゾーン金利の時代には消費者金融の金利は暴利いわば闇金の定めたもので、最高で30%近いという設定も珍しくありませんでした。しかし、利息制限法などの制定からグレーゾーン金利は廃止されて、今では上限18%を超えてはならないという基準が定められました。

現在では、消費者金融における金利設定も18%を超えることがないように設定されており、従来のような返済困難者もかなり減ったと言えるでしょう。このような背景から、今では銀行でも消費者金融でも借り入れする際にどちらが良いかというのは、利用される方の好みで選ばれるようになりました。

もちろん銀行と消費者金融さらに各会社ごとに、オススメの特徴を前面に押し出すことで、顧客確保にテレビCM・雑誌・ネット上でサービスをPRしています。”銀行と消費者金融のどちらか”と言うと、もうここまでくると「どちらでもお好きな方でどうぞ♪」と言えるほどなのです。

消費者金融の金利も今では銀行とほとんど変わりなく、以前のような「何だか怖いなあ・・・」というイメージも払拭されており、大手の消費者金融となればスタッフの方の対応も銀行と何ら変わりませんね!

そうです!今は、サービスの特徴で勝負する時代なのです!おまとめローンを申込んだ際に金利や審査のスピード、即日借入ができるかどうか、いくらまで借り入れできるかという限度額、などのあらゆるポイントでお客様が比較して選ぶのです。

ご自分にあったサービスを選んだら、銀行おまとめローンに決まった!消費者金融おまとめローンに決まった!などと言うような本当に必要なおまとめローンを選ぶポイントがおのずと決まっていくはずですよ。

例えば、金利の低いおまとめローンにしたかった方は、●●銀行のおまとめローンを選んだ。審査のスピードが早いおまとめローンにしたかったから●●消費者金融のおまとめローンを選んだ。また、今すぐに借りたかったから即日融資が可能な●●銀行と●●消費者金融のおまとめローンのどちらにするか迷っているという感じとなります。このおまとめローンの選び方こそが、まさにご自分にピッタリなオススメする方法なのです。

もっとも良くないおまとめローンの選び方もご説明します。それは、「よくテレビCMで宣伝していたから・・・」、「たまたまデパートを歩いていたらチラシをもらったから・・・」という経緯から、「どこでも良かったからそこに決めた!」というおまとめローンの選び方は良くないです。

このような適当なおまとめローンの選び方は、後から「何だ意外と金利が高いなあ・・・」、「審査に時間がかかり過ぎる・・・」、「自分の希望する限度額が借りれなかった・・・」などと言うような自分にとって不本意な結果に陥ってしまいます。せめてご自分がどのようなおまとめローンを選びたいのからというポイントを一つでもしっかりと決めることが重要となります。

おまとめローン 比較

  (2)金利と限度額のどちらを重視するか?


まず、金利は借り入れできる限度額により決まることをご理解しましょう。大体の金融会社では、融資額が大きくなると金利は低くなりますし、融資額が小さくなると金利は高くなる傾向にあります。

このような金利と限度額の関係により、銀行や消費者金融会社は利益を得ているのですから、「自分は●%ほどで借りたいんだけど・・・」というような考え方は間違っているので気をつけましょうね。また、「どうして●%で借り入れできないの?」というような疑問も各金融機関における審査結果によるものですから、「どうして・・・?」というような回答は審査が企業秘密ですから絶対に教えてくれません。

実際におまとめローンを利用する際に、最大限度額500万円と書かれていてもそのような「最大・・・」という金額はほとんどの方がいきなり借り入れできるものではありません。また、銀行や消費者金融会社へ「最大限度額500万円は借りれますか?」と聞いても、率直に審査によるものですぐに回答が得られないものとご理解ください。

”金利と限度額のどちらを重視するか?”という観点からすると、金利は審査で決まった限度額で決まりますから、たくさん借り入れできそうな銀行や消費者金融会社を選ぶことで低金利で借り入れできるようになります。選ぶポイントは、各金融機関公式HPそれぞれに【金利と限度額の表】がありますから、その表に書かれている限度額がご自分が借りれるかどうか?を申込みする銀行や消費者金融で審査してもらうこととなります。

各金融機関の【金利と限度額の表】を比較するだけで、「300万円借りるなら●●銀行が安い!」、「小額の借り入れなら●●消費者金融がお得だ!」というような判断を付けることができるので、金利を重視する方はぜひご参考頂けると幸いです。

また、「いや今回は500万円借り入れする必要がある!」というような限度額を重視する方は、まず希望する限度額が限度額になっている金融機関を選びます。そして、中でも最大限度額が希望限度額よりもできるだけ大きい設定をしている金融機関を選ぶことが良いでしょう。

実際に最大限度額を貸付してくれる場合、その審査が難しいことはもちろんですが銀行であればそれまでの取引内容(給料振込や住宅ローンなど)によること、様々な審査基準をクリアする必要があるので、いっぱいいっぱいでの審査・申込みを期待するのは厳しいですよね。

限度額を重視する場合、借り入れ金利はある程度気にしないこと!限度額にだけ突起した契約内容でメリットがある銀行や金融機関を選びを心掛けましょう。希望する限度額が借り入れできれば準じて金利も決まりますし、大きな限度額の場合はおのずと低く借り入れできるようになると思います。大きな限度額の借り入れで気をつけなければいけないのは、あまりにも返済期間が長くなり過ぎる場合には返済総額がどうしても高くなってしまうことです。どうか無理のない返済計画をお立て下さいませ。

おまとめローン 比較

  (3)職業や収入で申込みできるかどうか?


おまとめローンの審査でやっぱり気にかかるのは、ご自分の職業や収入ではないでしょうか?「いくら借りれるだろう?」と言う前に「果たして審査に通るだろうか?」と言うことの方が不安な面が多いことでしょう。

審査をする銀行や消費者金融会社ももっとも重視する点は、職業や収入の点です。まず、職業については「この方なら貸付しても大丈夫だ!」と信頼されるためにも第一に”安定した職業であること”が求められます。銀行でも消費者金融でも公務員を筆頭に会社員などの常勤で働く正規社員であることを大きな目安としていますから、パート・アルバイト・派遣社員のように非常勤の正規雇用では無い方の評価はどうしても低いとされるようですね。

また、自営業者でも審査がやや難しい判断をされる場合もあり、評価が低い方に関しては”安定した収入”という観点では評価が低くなってしまう傾向があります。銀行(銀行業)や消費者金融(貸金業)も金融機関としての業種の違いはあれど、貸付したお金を返済してもらえないと単純に損をしてしまいますので、審査に関しては各金融機関ごとに基準を設けているわけです。

もし、あなたが審査に不安を感じるなら、パート・アルバイト・派遣社員のように非常勤の正規雇用では無い方はなおさらのこと、銀行よりも消費者金融に申込むことをおすすめします。それは消費者金融の方が銀行と比較して小額な融資に力を入れているので審査も通りやすいメリットがありからです。その半面、消費者金融から借り入れするデメリットとして銀行よりも金利がやや高くなってしまう傾向にあることを知っておきましょう。

(2)の金利と限度額の関係もあったように、どこの金融機関でも小額の借り入れは金利がおのずと高くなる設定がされているのです。職業や収入で不安を感じる方やパート・アルバイト・派遣社員の方は、審査が簡易で通りやすい消費者金融を選ぶことから、ちゃんとお仕事をされて安定収入があることが証明できれば借り入れできる可能性が高いと言えるでしょう。

その中でも年収が大きな方・安定した収入がある方ならば、「自分の希望する限度額で借り入れができた!」、また消費者金融の会社にもよりますが「思ったよりも低金利で借り入れができた!」というようなより良い審査結果が得られることにつながる場合もあると思います。

おまとめローン 比較

  (4)審査基準はどうなのか?


おまとめローンの審査基準には、いくつか重視される点があります。上記(3)のような職業や収入による面以外にも、”信用情報機関の登録状況”が審査に大きな影響があると言われています。信用情報機関の登録状況には、過去や現在の借り入れ履歴や返済履歴を記載したデータを管理されています。

各金融機関は、審査にはこれまでの返済履歴を重視するようです。返済履歴を見れば、貸付したお金をしっかりと返済する方なのか?完済しないで延滞している方のようだ!などが一目瞭然で確認ができますから、各金融機関も「この方なら貸しても大丈夫だ!」、「この方は信用できない!」などといったように判断をすることができます。

おまとめローンで何とか金利を安くしたり、毎月の返済額を少なくしようと思って申込んでも、過去や現在にあまりにも問題がある金融トラブルがあれば納得に行くような取引がおこなえない審査結果となってしまいます。

おまとめローンの審査基準は、正直厳しいのです。複数ある他社からの借り入れを一本化するためには大きな借り入れとなりますから、銀行や消費者金融もリスクを負った貸付をおこなうこととなります。では何でそんなリスクを負ってまでおまとめローンによる大きな貸付をしてくれるのか?

それは、銀行の場合は総量規制(収入の3分の1を超えない貸付制限)の対象外であるため、おまとめ・借換をおこないやすいことが挙げられます。例えば、3社からの借り入れ300万円(100万円×3社)あったとすると、利用者の返済は毎月各社へ15,000円ずつおこない合算し45,000円となりますが、おまとめローンをおこなうと毎月30,000円程で済むような設定へと借換えすることが可能です。

消費者金融の場合は、貸金業ですから総量規制の対象とはなってしまいますが、それはおまとめなどの借換え目的と言う申請をすることで”特例や除外など”という枠で特別におまとめローンを行えますからどうぞご安心してお申込み下さい。

おまとめローンを借り入れした利用者は、銀行の低金利で上手く借換えできれば金利も下がり最終的な総返済額を減らすことができます。また毎月の無理な返済額(複数社への)にかかるストレスや返済するための事務的な労力も軽減され、まさに一本化されたことにより完済を目指すことも可能となります。消費者金融のおまとめローンは、審査が通りやすいなどの特徴や審査が迅速などのメリットも多いので、ぜひおすすめですね。

おまとめローンの審査基準には、このように過去の返済履歴まで重視するなど大変厳しい側面もありますが、利用者からは「おまとめしたことで余剰金まで出るようになった!」、「借金が完済できそう!」というような方も多いと聞きます。ぜひこの機会におまとめローンで一本化して、より良い返済計画を立てましょう。

おまとめローン 比較

  (5)申込みの注意点となるのは?


おまとめローンの申込みで注意点となるのは、複数借り入れしているので全て申告すると審査落ちとなるという不安から、ごまかしたり虚偽の申請をおこなうことです。また現在借り入れしている合計額もあまりにも多い場合には、目を覆いたくなるもので記載も小額に書いてみたり、などのような一気に信用を失ってしまうようなことをしないことです。

銀行や消費者金融機関が何も知らないと思ったら大きな間違いですよ!各金融機関は信用情報機関に登録していますから、とにかく過去〜現在に至るまでの借り入れ状況から返済状況まで何でも調べることができるのです。※予め、利用者に信用情報機関を利用することや登録の確認をします。

もちろん、「あの消費者金融から借りていることはさすがに知らないだろう!」などといったこともなく、まず確認して知っています。おまとめローンの審査は、正直にしっかりとした信用が得られるようにおこない、お金を借りるわけですからその金融機関の融資担当者とも人間関係を築くこともとても重要なことです。

例え、以前に借り入れしていた銀行で遅延・延滞があったとしても、「だから今回もダメだろう!」と言うような考え方を持たないでください。率直に言うと、過去よりも現在なのですよ。「昔は若かったから若気の至りだ!」と思う程度で良いのです。

現在も昔の借り入れしたときと同じ会社にお勤めならなおのこと、収入も勤続年数においても継続した勤務状況は高い評価を受けることができると思いますから自信を持って申込みましょうね。万が一、ダメだったとしても「また次に申込めば良い!」という前向きな姿勢が審査にもきっと良い結果をもたらせてくれることとでしょう。

▼ おまとめローンを比較するときに、まず審査に通りやすいかどうかが重要!
おまとめOK!厳選大口ローン総合案内はこちら
毎月の金利や返済額を軽減するためにおまとめローンに申込もう!>>


おまとめローン 比較
おまとめローン > おまとめローン 比較

利用規約サイトマップ

■おまとめローン 一本化で審査のお悩みも解決!厳選優良ローン会社、まとめ!

おまとめローン 一本化で審査のお悩みも解決!当サイトが独自に調査した厳選優良ローン会社をまとめてご紹介します♪おまとめに実績のある銀行&銀行系・信販系・金融専業系でおまとめOK!厳選大口ローン総合案内!厳選優良ローン会社、おすすめ優良大口ローンの詳細はこちら>>

◎おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数のローンを一本化することで月々の返済額、金利の負担を軽減するためのサービスです。

◎おまとめローン検索キーワード≪トップ10≫

おまとめローン検索キーワードでは、「おまとめローン」という言葉とよく一緒に取り上げられた話題を掲載しています。
「おまとめローン」について多くの方が知りたい情報や利用するときに役立つ情報の≪トップ10≫をまとめてあります。
(1)おまとめローン審査通らない(2)おまとめローン 評判(3)プロミス おまとめローン(4)おまとめローン 口コミ(5)おまとめローン 比較
(6)銀行おまとめローン(7)労金 おまとめローン(8)アコム おまとめローン(9)おまとめローン 2ch(10)おまとめローン 甘い

・実質年率、限度額などは予告無く変更されることがあります。ご自身でよく確認してからお申込みください。
・当サイトでは借り入れを助長する表現は致しません。リンクしていただく場合トップページに「おまとめローン 」でリンクして下さい。

■厳選大口ローン総合案内はこちら!おすすめ優良大口ローンは?

・複数のローン会社から借り入れすることで返済がきつくなってしまった…、金利が高いのでもっとお支払い総額を減らしたい…などの場合は、大口融資・大口ローンの活用がおすすめです♪当サイトでは、独自の審査基準に基づき優良企業のみを厳選しご案内しています!! 大口ローンとは

◎全国の厳選大口ローン総合案内はこちら!

【北海道・東北地方】 北海道 - 青森県 - 秋田県 - 岩手県 - 山形県 - 宮城県 - 福島県
【関東地方】 群馬県 - 栃木県 - 茨城県 - 千葉県 - 埼玉県 - 東京都 - 神奈川県
【信越・北陸地方】 山梨県 - 長野県 - 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県
【東海地方】 静岡県 - 愛知県 - 三重県 - 岐阜県
【近畿地方】 大阪府 - 京都府 - 滋賀県 - 奈良県 - 和歌山県 - 兵庫県
【中国地方】 岡山県 - 鳥取県 - 島根県 - 広島県 - 山口県
【四国地方】 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県
【九州・沖縄地方】 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 大分県 - 宮崎県 - 熊本県 - 鹿児島県 - 沖縄県
Copyright (C) おまとめローン比較|現在の複数あるローンをどうにかしておまとめすることが目標! All rights reserved.xml